a2network、海外ボーダレスWifiサービス「Skyberry」をスタート

2017.05.29

 

タイで日本人向け携帯事業ベリーモバイルを展開するa2network (Thailand) Co., Ltd.は、29日より世界主要60ヵ国以上でデータ通信が月額599バーツから使えるボーダレスWifiサービス「Skyberry」を開始。

同社はクラウドSIMテクノロジーをベースに、日本・タイ・欧州を中心としたMVNOアライアンス連携により、海外渡航時でもローミングの無い世界を実現、海外でも国内料金で利用できる仕組みをを開発した。「Skyberry」は渡航前の事前登録不要の月極め契約サービスとなる。

これにより、タイ国内はTrue回線、海外でも各国の現地SIM情報をクラウドSIMテクノロジーにより適用させ、タイ国内にいるように高速で快適にインターネットを利用することができるようになる。

「Skyberry」は、渡航前の事前登録も不要。月極め契約により毎回レンタルする手間も省け、海外でもタイ国内と同じようにバンドルされたデータ通信料を消費でき、料金や設定を気にせずデータ通信を楽しめる、利便性とコスト削減を両立するWifiサービス。

また、端末代および月額利用料金はタイの国内ポケットWiFiの契約料金相場と変わらない設定となっているため、海外渡航頻度が高くない方でも、国内でバンドルされたデータを消費いただけるので無駄がないという。

これまで、海外でデータ通信を使う際には、従量課金により利用料金が高額になることを避けるため、キャリア提供のローミングパッケージや、現地SIMカードを購入し差し替えたり、Wifiルータをレンタルする必要があった。

だが、キャリア提供のローミングパッケージは価格面や使用可能なデータ量制限があるなどのデメリットがあり、現地SIMカードやWifiルータのレンタルは差し替え、返却などの煩雑さがあるだけでなく、海外渡航しない時はタイでの契約回線の月額利用料が無駄になるなど、いずれも一長一短なサービスになっていた。

 

■「Skyberry」ウェブサイト
http://th.skyberry.me

gototop