アサヒ、タイに飼料販売の支店を開設

2018.03.13

 

【同社提供】

アサヒカルピスウェルネスは、ASAHI CALPIS WELLNESS CO., LTD. Thailand Branchを開設し3月16日から業務を開始する。

タイ支店にはラボを設置。家畜の腸内フローラ分析や検査などの現地ラボサービスによる提案型営業機能を強化し、タイや周辺国での売上拡大と新規顧客の獲得を目指す。

 

「カルスポリン」について

「カルスポリン」は、枯草菌(バチルスサブチルスC-3102株)を有効成分とする、微生物由来の飼料用生菌剤(プロバイオティクス)。
「カルスポリン」を牛、豚、鶏などに与えると腸内有用菌(善玉菌)が増加することで腸内フローラを最適化する。世界的なトレンドである、畜産物における抗菌性物質不使用(Antibiotics Free) 製品市場の拡大にともない、生菌剤のニーズが高まる中、飼料用生菌剤(プロバイオティクス)として効果と安全性が認められているのが「カルスポリン」。

 

gototop