ダイハツ、インドネシアでR&Dセンター開所式を実施、生産累計500万台達成

ダイハツ工業のインドネシア現地子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター社(以下、ADM)は10日、2011年から建設を進めていた「R&Dセンター」のテストコース完成、さらにADMの生産累計500万台達成を記念し、同国のアイルランガ・ハルタルト産業相を迎えてR&Dセンター開所式、および生産累計500万台達成記念式典を実施した。

R&Dセンターは、インドネシア西ジャワ州 カラワン・スルヤチプタ工業団地にあるADMの車両生産工場「カラワン・アッセンブリープラント」の敷地内に併設しており、すでに、デザイン棟や設計実験棟、テストコースの一部が稼動していたが、今回、周回路など全てのテストコースの完成をもって建設を終了。生産累計500万台の達成については、インドネシアの自動車生産事業体として初となる(ダイハツ調べ)。

今後もダイハツは、インドネシアに根差した企業として、R&Dセンターを通じて、現地R&D機能の強化、部品の現地調達化、現地人材の育成にさらに注力していくという。

gototop