日本大使館、スタートアップ企業と大手企業を繋ぐ「Embassy Pitch」を開催

P8310051

 

在タイ日本国大使館が8月31日、スタートアップ企業と大手企業を繋ぐことを目的とした、「Embassy Pitch」をバンコクの日本大使公邸で開催した。日本大使館がこのようなイベントを開催するのは初めてで、スタートアップ企業と大手企業の間を取り持ち、事業提携や資金調達といったパートナーシップの構築を促進していきたい考えだ。

日系大手からはトヨタ、日産、ホンダ、三菱といった自動車メーカーをはじめ、三井物産、NTT、伊藤忠商事、野村総合研究所のタイ現地法人が、タイ大手からはサイアムセメント、シンハー、アマタ、AIS、Trueなどが参加し、スタートアップ企業側からは独自のアプリやオンラインサービス、クラウド、プラットフォーム関連事業を展開する日タイ8社が参加、自社サービスのPRを行った。

 

Baidu IME_2016-9-2_11-25-8

【Embassy Pitch資料より】

 

佐渡島志郎大使は、「タイが成長していくためにはイノベーションが必要であり、そのイノベーションを推進していくためにはスタートアップ企業が重役を担う。スタートアップ企業と大手企業がパートナーシップを結ぶことで相乗効果が生まれれば」と期待を込めた。

gototop