エーザイ、タイで分岐鎖アミノ酸製剤を発売開始

2018.03.12

エーザイの消化器事業子会社であるEAファーマは3月9日、タイで「リーバクト配合顆粒」の発売を開始した。
同顆粒は、分岐鎖アミノ酸(L-イソロイシン・L-ロイシン・L-バリン)を配合した顆粒剤で、食事摂取量が十分にもかかわらず低アルブミン血症を呈する非代償性肝硬変患者の低アルブミン血症の改善を適応とする医療用医薬品。
同社がタイで販売代理店契約を締結しているDKSHグループ現地法人が配置した専属のマーケティングマネージャーと連携し、すでに同顆粒を販売している日本、ベトナム、ミャンマーなどで得られた知見をもとに、タイでのマーケティング活動を展開する。

 

gototop