日本触媒、タイでの界面活性剤の製造販売合弁事業検討に関する覚書を締結

2017.12.27

日本触媒は12月26日、PTT Global Chemical Public Company Ltd.(PTTGC)、三井物産と共同でエチレンオキサイド(EO:酸化エチレン)を原料とするセカンダリーアルコールエトキシレート(界面活性剤、商品名:ソフタノール)の製造販売合弁事業に関する検討を進めるため覚書を締結した。ソフタノールの製造販売に関わる事業化検討を開始し、2019年3月期中に投資判断する。

製造設備の候補地は、ラヨン県マプタプットのヘマラートイースタン工業団地で、同団地内のPTTGCより原料となるエチレンオキサイドの供給を受け、2022年の商業運転開始を目指す。

gototop