ユニチカ、インドネシアでナイロンフィルムの新工場を建設

2018.04.27

 

ユニチカは4月26日、インドネシアにおけるナイロンフィルムの製造・販売子会社であるエンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)に新工場を建設し、生産設備を増設すると発表した。増設後の生産能力は、年産16,500トンから年産26,500トンとなる。

同フィルムの製造は、現在、宇治事業所(京都府宇治市)とエンブレムアジアで行っているが、アジア地域を中心とした食品包装用途などの需要拡大により、いずれもフル稼働の状況が続いている。

同社は1968年に世界で初めて同時二軸延伸法による同フィルムの商業生産化に成功し、同フィルム「エンブレム」は、国内トップシェアかつ世界トップレベルのシェアだ。

 

<新工場の概要>
増設場所:エンブレムアジア(P.T.EMBLEM ASIA)
所 在 地 :インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地内
代 表 者 :川北俊一
生産品目:ナイロンフィルム
土地面積:26,180㎡(造成地を取得予定)
増設能力:年産10,000トン(グループ全体で年産41,500トン → 年産51,500トン)
稼働開始:2020年11月予定

gototop