上組、インドネシアに新倉庫を増設

2017.11.25

【完成予想図、同社提供】

 

上組は11月17日、インドネシア共和国西ジャワ州グリーンランド工業団地(GIIC)のPT.KAMIGUMI LOGISTICS INDONESIAに、222,046M2の2階建て第2期倉庫の増設を決定した。竣工は2018年12月。

2015年12月に第1期倉庫(10,080M2)の営業を始めたが、既に満床であるため増設に至った。定温エリアや保税物流エリアを新たに設けることで多様な商品保管、非居住者貨物保管や長期保税保管需要にも対応する。

GIICはジャカルタ中心部から東方約40㎞で、インドネシア最大港湾であるタンジュンプリオク港及び2019年開港予定のパティンバン新港からのアクセスが非常に良く、今後も新規顧客進出や増産に伴う倉庫需要が増し、ジャカルタ東部工業地帯の中心になると期待されている。

 

【完成予想図、同社提供】

gototop