マツモトキヨシHD、タイで合弁会社設立

2015.07.31

4983703366_e02d87cd99_o

マツモトキヨシホールディングス(以下、マツモトキヨシ社)は29日の取締役会で、「セントラルグループ」の中核会社で、Central Food HallやTop s  Marketなどを展開するCentral Food Retail Company Ltd.(以下、セントラルフードリテール社)との間で、タイでのドラッグストア事業を開発・運営するための合弁会社設立に関する合弁事業契約を締結することを決議した。合弁会社「Central & Matsumotokiyoshi Ltd. 」を8月4日に設立する予定だ。

マツモトキヨシ社は2013年11月にセントラルフードリテール社との間で、タイでの新たなヘルス&ビューティの事業展開について協議・検討することを目的に基本合意書を締結している。

これまで、セントラルフードリテール社がタイ国内で展開する約20店舗において、マツモトキヨシ社のプライベートブランド商品を核としたテストマーケティングを実施、購買動向や顧客ニーズを調査・分析するとともに、同国における新たな事業展開の可能性について協議・検討を重ねていた。

gototop