ミツビシ、タイで累計生産台数500万台を達成

2018.06.05

【同社提供】

三菱自動車は6月4日、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)での累計生産台数が500万台を達成し、レムチャバンの工場で記念式典を開催した。

式典には、ソムキット副首相、在タイ日本国大使館 佐渡島志郎 特命全権大使、三菱自動車の益子修CEO他、関係者が出席した。益子CEOは、「タイのマーケットには常に成長の可能性がある。政府による自動車産業を成長させるための長期的政策も、三菱自動車の事業にとって大変心強い」と述べた。

三菱自動車は1961年にタイで操業を開始し、2003年に100万台、2010年に200万台、2013年に300万台、2015年に400万台の生産を達成。500万台目に生産された車両はミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」であった。

MMThからの車両の輸出先は世界120カ国以上に及んでおり、500万台のうち370万台が海外市場に輸出されている。

gototop