「オロナミンC」、インドネシアで新発売

2018.06.04

【同社提供】

大塚製薬のインドネシア子会社アメルタインダ大塚(以下、AIO)は6月1日、炭酸栄養ドリンク「オロナミンCドリンク」(現地販売名:ORONAMIN C DRINK、以下「オロナミンC」)の発売をインドネシアで開始した。また発売にあたり、インドネシア スカブミ工場に、同製品のハラル対応の製造ラインを新設し、製造を開始している。
AIO社長の板東義弘氏は、「我々はこれまでも”Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、ポカリスエットやSOYJOYを通じ、インドネシアの人々の健康に貢献してきた。オロナミンCの発売により、新しい健康価値を提案するとともに元気と笑顔を届ける」と述べた。

インドネシアの飲料市場は現在、消費支出の減少等により市場の成長が鈍化しており、その中で付加価値が高く、手頃な価格の製品が求められる傾向にあるという。

<オロナミンCドリンクについて>


「オロナミンC」は、レモン11個分のビタミンCをはじめとする各種ビタミン類と、炭酸を組み合わせた炭酸栄養ドリンク。1965年に日本で誕生し、栄養ドリンクに炭酸を加えるという、画期的な発想から開発され、それまでにない炭酸栄養ドリンク市場を創造。基本成分やロゴデザインは発売当初から変わらず。2011年に小容量ビタミン含有飲料として国内初となる累計販売本数300億本を突破。1985年からは海外展開も開始し、世代も海も越えた「元気ハツラツ!オロナミンC」は、日本を含め現在世界9カ国・地域で販売されている。

gototop