阪急阪神不動産、タイで5件目のマンション分譲事業に着手

2018.08.08

【同社提供】

阪急阪神不動産は8月7日、タイにおけるマンション分譲事業として第5号案件となる『Niche Mono Charoen Nakorn(ニッチ モノ チャルーン ナ コーン)』に、タイの不動産デベロッパーであるセナ・デベロップメントと共同で着手すると発表した。
同案件は、バンコクの西側に位置するトンブリー区で、総戸数537戸のマンション。

<Niche Mono Charoen Nakorn概要>
名称:『Niche Mono Charoen Nakorn(ニッチ モノ チャルーン ナコーン)』
用途:分譲マンション
建設地:バンコク都・トンブリー区
竣工予定:2020 年12月
敷地面積:5,546.8㎡
総戸数:537戸
総売上:約17億バーツ/約58億円(予定)※1バーツ=3.4円
平均販売価格:約330万バーツ/約1,120万円(予定)

gototop