スズキ、新型MPVを発売

2019.02.06

スズキの現地法人Suzuki Motor (Thailand)は2月6日、MPV(多目的乗用車)の新型「エルティガ(ERTIGA)」を発表した。3列シートの7人乗りで、車両プラットフォームには性能と安全性のバランスを実現する「HEARTECT」を採用。価格は65万5000~69万5000バーツで、今年の目標販売台数を2500台以上に設定した。

2012年に生産・販売を開始した「ERTIGA」の1代目は、世界各国にこれまで累計73万台以上出荷されている。タイ人のシリウィット記者は、「国内ではあまり見かけない特徴のある車体デザイン。室内空間も広く大勢で外出するのが好きなタイ人に好意的に受け入れられるだろう」と述べた。

スズキはタイでハッチバック「Swift」、トラック「Carry」などを販売しており、昨年の国内販売台数は前年比14%増の2万8500台。今年は3万3000台を目標に掲げている。スズキは来年、創立100周年を迎える。

 

gototop